商品検索

選択して下さい

全ての商品

  • TOP
  • >
  • 店舗用備品のコスト削減

店舗用備品のコスト削減

店舗経営は、割り箸のぼりゴミ袋トイレットペーパーペーパータオルなど、多くの経費がかかります。備品や消耗品の管理が曖昧では、お店全体が高コスト体質になりかねません。
店舗用備品のムダ削減に注目し、コスト削減の考え方と具体的な手法を紹介します。

備品のムダが見えづらい理由

「自分のお店で、備品のムダにはどのようなものがあるか」と質問されて、すぐに思い浮かぶものはありますか。思い浮かぶものが少ないからといって、ムダが少ないわけではありません。
逆に、ムダが全く意識されていない状況である可能性が高いでしょう。

備品や消耗品は全てのお客様と従業員が利用するため「使って当たり前」という意識があります。
その意識を持つ人が多いほどムダ使いの意識が希薄となり、ムダが見えづらい状況になるのです。
また備品や消耗品は単価が安いことから、コストが発生していることをあまり意識せずに使ってしまいがちです。これらがムダ削減を妨げる要因になります。

ムダ削減の考え方

備品や消耗品を全てなくしてしまうと業務になりません。また備品費を○割削減するといっても、具体的に何を削減してよいか分からず、必要なものを削ってしまう可能性もあります。備品は店舗運営に不可欠なものであり、必要なものを必要な量だけ使うという、バランスが求められることを理解しましょう。

まずは現在の利用状況を知ることで、今後の削減目標を数値として決めることが大切です。
確実にムダを削減するためにも、改めて整理整頓を徹底しましょう。どの備品も、整理することで必要な数が見えてきます。

備品コスト削減のポイント

現状を把握し、適切な備品数を知る

ムダ削減には、適正備品数の把握が不可欠です。「どこで、どの備品が、どれだけ使われているか」を把握し、適正備品数を算出しましょう。人数や利用状況、他店舗との比較などを行って、必要な備品数を導きます。

管理基準・購入基準を決める

安く買うことを追求するあまり、必要のない量まで購入すると、貴重なスペースを占有する過剰在庫になりかねません。「余っているからムダに使っても問題ない」という発想にもなりがちです。
適正備品数から管理基準・購入基準を作成し、在庫管理と購入を行いましょう。

ネット通販を有効活用する

インターネット通販を利用することで、店舗用備品や消耗品を安く購入することができます。
価格だけでなく、必要な量を必要なときに購入できるのが通販のメリットです。購入履歴も確認できるため、どの時期に何を購入したかというデータを在庫管理や購入に活かすことができます。

当サイトの場合、1回のご注文が3000円以上であれば送料は無料です。店舗用のため、リーズナブルで品質の高いものを厳選しています。お電話・FAXでのご注文も承っていますので、是非、当通販ショップをご利用ください。

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

おすすめ特集

  • おすすめ 電球特集
  • イチオシ新商品特集
  • おすすめ ゴミ袋関連特集
  • おすすめ 清掃用品特集

PHP