商品検索

選択して下さい

全ての商品

  • TOP
  • >
  • レジロール紙の消費量の目安

レジロール紙の消費量の目安

レシート紙は通販で購入できますが、在庫が切れたときにすぐ買えるものではないため、ある程度ストックしておく必要があります。では、どれくらいの量をストックしておけば良いのでしょうか。
こちらでは、レシート紙の消費量の目安をご紹介します。

一般的な小売業の場合

1日平均で、20人の来店客が商品を購入すると仮定します。つまり、取引数は20件です。レシート1枚当たりの長さは、平均して15cmとします。

【レシート紙の消費量】

20件 × 30営業日 × 0.15m = 月間90m(年間1,080m)

上記から、1年分のレジロール紙を購入する場合は、80mmロール紙で約20巻、58mmロール紙で約60巻が必要です。

飲食店の場合

1日平均で20組のお客様が来店し、1件につき10回の注文があると仮定します。1日の平均オーダー数は200件です。また、テーブル伝票1枚当たりの消費量は30cm、半券1枚当たりの消費量は3cmと仮定します。

【レシートの消費量】

20組 × 30営業日 × 0.15m = 月間 90m(年間 1,080m)

【テーブル伝票の消費量】

20組 × 30営業日 × 0.3m = 月間 180m(年間2,160m)

【半券の消費量】

20組 × 10注文 × 30営業日 × 0.03m = 月間 180m(年間 2,160m)

以上より、年間 5,400mのレジロール紙が必要です。80mmレジロール紙の場合、1か月分の目安は8巻、1年間では最低90巻が必要になります。

ストック数の目安

店舗にストックしておきたいレシート紙は、次の通りです。

【一般的な小売業の場合】

80mmレジロール紙:1か月当たり2巻~4巻
58mmレジロール紙:1か月当たり5巻~8巻

【飲食店の場合】

80mmレジロール紙:1か月当たり8巻~11巻

あくまでも最低限を仮定したときの目安ですが、いざというときにレシートがないという状況は避けられるはずです。少し多めにストックしておけば、繁忙期も安心できるのではないでしょうか。
通販でご購入の際、参考にしていただければと思います。

当サイトでは、感熱ロール紙・キッチンプリンター用ロール紙・発券機用ロール紙を取り扱っています。格安・送料無料でまとめ買いができ、適切なストック量を維持することが可能です。ワンクリックでご購入いただけますので、ストックが不足した際は、是非弊社通販ショップでお買い求めください。

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

おすすめ特集

  • おすすめ 電球特集
  • イチオシ新商品特集
  • おすすめ ゴミ袋関連特集
  • おすすめ 清掃用品特集

PHP