商品検索

選択して下さい

全ての商品

  • TOP
  • >
  • 効果的な店舗照明のコツ

効果的な店舗照明のコツ

店舗のイメージチェンジに効果的なのが照明です。様々な照明を使い分ければ、店内のイメージを自由に変えることができます。器具の位置や商品の見せ方を変えることで、来店客が受ける印象も変わり、販売促進に影響をもたらします。空間のイメージづくりに役立つ店舗照明のコツをお伝えします。

複数の照明を組み合わせる

一つの照明だけでは単調なイメージになりがちです。いくつもの光をミックスさせて、柔らかく奥行きのある雰囲気を作りましょう。コーナー・天井など、特定の場所にライトを当てると、空間にアクセントがつけられます。

通行客の目を引きつけたいなら、ショーウィンドウを華やかに照らすのも良いでしょう。
飲食店では、客席だけを淡く照らしてプライベート感を演出することもできます。主照明と補助照明を上手に組み合わせるのがコツです。

色温度を考える

同じ照明でも、色温度が変われば見る人の印象も変わってきます。色温度は赤に近いほど低く、白に近いほど高くなるのが基本です。青白い昼光色の蛍光ランプは、爽やかで活動的なイメージを与えます。

一方、赤みを帯びた白熱ランプや電球色の蛍光ランプは、落ち着きのあるくつろぎ感を演出します。
色温度を考えて照明を計画すれば、来店客が感じる店内の雰囲気をコントロールできます。演出したいイメージと用途に合わせて、照明を使い分けましょう。

内装とのバランスをとる

店舗の印象は照明の光だけでは決まりません。天井や壁、床などの内装の色や素材によって、照明の明るさや印象は違います。例えば、クールな昼光色の場合、緑や青など、寒色系の壁に当てると涼しげな空間になりますが、レンガや木目など、赤みの強い素材に当てると、安っぽい印象になりがちです。

また、内装の色によって光の反射率は異なります。白系はよく光を反射するので明るく感じますが、黒系は光をあまり反射しないため暗く感じます。内装とのバランスを考えながら照明を選ぶことが大切です。

当サイトでは、LEDやハロゲン電球をはじめ、スーパーレジ袋やレシート紙など、お店づくりに必要な業務用品を格安通販しています。必需品から便利なアイテムまで、あらゆる業務用品を豊富にご用意しました。通販でお得な業務用品をお探しなら、当通販サイトをご利用ください。

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

おすすめ特集

  • おすすめ 電球特集
  • イチオシ新商品特集
  • おすすめ ゴミ袋関連特集
  • おすすめ 清掃用品特集

PHP