商品検索

選択して下さい

全ての商品

  • TOP
  • >
  • ポリ袋が破れにくくなるための方法

ポリ袋が破れにくくなるための方法

ポリ袋に穴が開いてしまい、中から生ゴミの嫌なニオイが…」「運ぶ際に、床との摩擦で破けてしまいゴミが散乱してしまった」といったことは、飲食店やスーパーなどの店舗では少なくない光景です。

しかしこのような状況はゴミ処分の際二度手間になってしまいますし、また嫌なニオイを発生させる恐れがあるため客足に影響を及ぼすことも考えられます。そのため、ポリ袋には穴が開かない・破けない対策を講じる必要があるのではないでしょうか。下記では、ポリ袋が破れにくくなるための方法をご紹介します。

ポリ袋の内側外周に紙類を入れる

大量のゴミを一度に捨てたいが破れるのが怖い、そんな時には袋の内側外周に紙類を入れるようにしましょう。紙類は新聞紙や、その新聞紙の折込チラシでも構いません。何層も重ねて紙類を内側外周に入れることで強度が増し、破れにくくなります。   

  

また柔軟性に優れているタイプであればより大量のゴミを入れることができます。飲食店やスーパーには店舗からゴミ捨て場まで距離がある場合もあります。そんな時この方法でゴミを捨てることができれば一度に大量のゴミを捨てることができ、捨てに行く際も破れる危険は少なくなります。

串やストローなどを捨てる際には

ポリ袋に穴が開くのは、串やストローなどの長く硬い物、あるいは何らかの突起物が主な原因になります。そしてその穴が原因で嫌なニオイを放ったり、さらに穴が広がったりするのです。そのような穴が開くことを避けるためには、串やストローなどの長く硬い物を捨てる際には何かしらの袋に入れて捨てるようにしましょう。   

  

お菓子が入っていた袋や、冷凍食品が入っていた袋でもOKです。これらの袋は意外にどれも頑丈にできており簡単に破けることはありません。したがって、串やストローなどの長く硬い物や突起物がある物を捨てる際には有効的なのです。ポリ袋に穴を開けたくない、破けにくくしたいという場合は、是非破れにくくなるための方法を把握しておきましょう。

当サイトでは通販にて、業務用のポリ袋をご用意しています。サイズも大小豊富にございますので、業務用ポリ袋をお求めなら是非当サイトにてお買い求めください。また当サイトでは、蛍光灯LED電球ハロゲンタイプのライトも取り扱っています。照明やその他業務用のアイテムをお探しの方もご利用ください。業務用ポリ袋はこちらからどうぞ!

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 配送料・配送情報
  • お支払い方法
  • 商品の返品・交換

おすすめ特集

  • おすすめ 電球特集
  • イチオシ新商品特集
  • おすすめ ゴミ袋関連特集
  • おすすめ 清掃用品特集

PHP